2013年4-9月期 連結業績のお知らせ(米国基準)

2013年11月07日

コナミ株式会社

コナミ株式会社の2013年4-9月期における連結業績は、売上高979億28百万円(前年同期比91.8%)、営業利益37億71百万円(前年同期比30.0%)となりました。

税引前四半期純利益は42億17百万円(前年同期比36.7%)、当社株主に帰属する四半期純利益は20億16百万円(前年同期比29.0%)となりました。

デジタルエンタテインメント事業におきましては、「ドラゴンコレクション」をはじめとするソーシャルコンテンツが堅調に推移いたしました。新規タイトルとして、「クローズ×WORST~打威鳴舞斗~」、「戦コレ絆クロス」を国内市場向けに、「Star Wars™: Force Collection (スター・ウォーズ フォース コレクション)」をアメリカやイギリスを始め30カ国以上の海外市場向けに、アプリストアで配信を開始し、好評を博しています。また、月刊少年誌での漫画連載やスマートフォンアプリとの連動等により好評を博している「モンスター烈伝 オレカバトル」については、アニメ化を発表する等、大きな注目を集めています。

健康サービス事業におきましては、「通いやすく」、「続けやすく」、「自分に合ったメニュープランを」というお客様からのご要望に応えるために、週ごとの利用回数をお客様の目的やペースによって選択できる新料金プランと、複数の施設を手軽に利用できる新施設利用制度を導入しました。

カジノ事業におきましては、プレーヤーの期待感を一層高めるプレミアム商品ラインナップを拡充し、第2四半期として過去最高の売上高、営業利益となりました。北米市場において、主力商品のビデオスロットマシン「Podium」等が引き続き順調に推移しました。「Global Gaming Expo (G2E) 2013」では、「Podium Goliath」を始め、3D表現に対応した次世代プラットフォーム「KP3」向けゲームタイトル「Dragon's Law」や「Solstice Celebration」、マルチステーション大型機「Titan 360」等、エンタテインメント性の高いカジノ機器を出展しました。

遊技機事業におきましては、パチスロ機の新商品としてKONAMIのアクションゲーム「魂斗羅」を迫力の3D映像で表現した「魂斗羅3D」を発売しました。


1. 経営成績(連結)の進捗状況

単位:百万円
 
2013年4-9月期
2012年4-9月期
売上高
97,928
106,673
営業利益
3,771
12,563
税引前四半期純利益
4,217
11,488
当社株主に帰属する
四半期純利益
2,016
6,955

2. 事業別売上高及び営業収入

単位:百万円
 
デジタルエンタテインメント事業
健康サービス事業
カジノ事業
遊技機事業
消去
連結合計
2012年4-9月期
52,691
40,335
11,393
2,643
△389
106,673
2013年4-9月期
44,620
38,583
13,623
1,445
△343
97,928
前年同期比 (%)
84.7
95.7
119.6
54.7
-
91.8

3. 事業別の営業利益

単位:百万円
 
デジタルエンタテインメント事業
健康サービス事業
カジノ事業
遊技機事業
全社・消去
連結合計
2012年4-9月期
11,699
1,364
2,850
210
△3,560
12,563
2013年4-9月期
3,704
687
3,039
△1,060
△2,599
3,771
前年同期比 (%)
31.7
50.4
106.6
-
-
30.0

4. 2013年4-9月期の概況

デジタルエンタテインメント事業

  1. 「ドラゴンコレクション」をはじめとするソーシャルコンテンツが堅調に推移
  2. 「クローズ×WORST~打威鳴舞斗~」、「戦コレ絆クロス」を国内市場向けに、「Star Wars™: Force Collection (スター・ウォーズ フォース コレクション)」をアメリカやイギリスを始め30カ国以上の海外市場向けに、アプリストアで配信を開始
  3. 「モンスター烈伝 オレカバトル」がアニメ化を発表
  4. 「遊戯王トレーディングカードゲーム」シリーズが堅調に推移

健康サービス事業

  1. 週ごとの利用回数をお客様の目的やペースによって選択できる新料金プランと、複数の施設を手軽に利用できる新施設利用制度を導入
  2. 「MY Fit Planner」により、お客様個々人に合った最適なトレーニング方法の提供と継続的なフィットネスライフを提案することで、お客様の健康づくりをサポート
  3. 受託事業が順調に拡大

カジノ事業

  1. ビデオスロットマシン「Podium」などが好評を博しているほか、パーティシペーションによる収入が堅調に推移
  2. 「Global Gaming Expo (G2E) 2013」で、「Podium Goliath」を始め、3D表現に対応した次世代プラットフォーム「KP3」向けゲームタイトル「Dragon's Law」や「Solstice Celebration」、マルチステーション大型機「Titan 360」等、エンタテインメント性の高いカジノ機器を出展
  3. 新カジノ・マネジメント・システム「SYNKROS」がオペレーターより高い評価を獲得

遊技機事業

  1. パチスロ機の新商品「魂斗羅3D」を発売

以上

※ ニュースリリースの内容は発表日現在の情報です。予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。