2013年4-6月期 連結業績のお知らせ(米国基準)

2013年08月01日

コナミ株式会社

コナミ株式会社の2013年4-6月期における連結業績は、売上高455億89百万円(前年同期比92.8%)、営業利益14億95百万円(前年同期比27.8%)となりました。

税引前四半期純利益は21億43百万円(前年同期比46.1%)、当社株主に帰属する四半期純利益は9億34百万円(前年同期比34.4%)となりました。

デジタルエンタテインメント事業におきましては、「ドラゴンコレクション」をはじめとするソーシャルコンテンツが堅調に推移したほか、業務用アミューズメント機器における「BEMANI(ビーマニ)」シリーズ最新作の「ミライダガッキ」を始めとした「e-AMUSEMENT Participation」タイトルが堅調に推移しました。また、「モンスター烈伝 オレカバトル」が、月刊少年誌での漫画連載やスマートフォンアプリとの連動等の相乗効果により好評を博しています。

健康サービス事業におきましては、カウンセリングシステムとして全国のコナミスポーツクラブに導入しました「MY Fit Planner」により、お客様個々人に合った最適なトレーニング方法の提供と継続的なフィットネスライフを提案することで、お客様の健康づくりをサポートしています。

ゲーミング&システム事業におきましては、プレーヤーの期待感を一層高めるプレミアム商品ラインナップを拡充し、第1四半期として売上高は過去最高となりました。北米市場において、主力商品のビデオスロットマシン「Podium」等が引き続き順調に推移しました。

遊技機事業におきましては、パチスロ機の新筐体「メビウスター」の第1弾機種として、前期に発売した「スカイガールズ~よろしく!ゼロ~」が市場から好評価をいただき、追加受注による販売が堅調に推移しました。


1. 経営成績(連結)の進捗状況

単位:百万円
 
2013年4-6月期
2012年4-6月期
売上高
45,589
49,128
営業利益
1,495
5,380
税引前四半期純利益
2,143
4,645
当社株主に帰属する
四半期純利益
934
2,715

2. 事業別売上高及び営業収入

単位:百万円
 
デジタルエンタテインメント事業
健康サービス事業
ゲーミング&システム事業
遊技機事業
消去
連結合計
2012年4-6月期
22,820
19,717
5,205
1,553
△167
49,128
2013年4-6月期
20,005
18,952
6,094
693
△155
45,589
前年同期比 (%)
87.7
96.1
117.1
44.7
-
92.8

3. 事業別の営業利益

単位:百万円
 
デジタルエンタテインメント事業
健康サービス事業
ゲーミング&システム事業
遊技機事業
全社・消去
連結合計
2012年4-6月期
5,192
682
1,029
404
△1,927
5,380
2013年4-6月期
1,677
336
1,217
△486
△1,249
1,495
前年同期比 (%)
32.3
49.3
118.3
-
-
27.8

4. 2013年4-6月期の概況

デジタルエンタテインメント事業

  1. 「ドラゴンコレクション」をはじめとするソーシャルコンテンツが堅調に推移
  2. 「モンスター烈伝 オレカバトル」が引き続き好評
  3. 「BEMANI」シリーズ最新作の「ミライダガッキ」が稼働を開始
  4. 「遊戯王トレーディングカードゲーム」シリーズが堅調に推移

健康サービス事業

  1. 「MY Fit Planner」により、お客様個々人に合った最適なトレーニング方法の提供と継続的なフィットネスライフを
    提案することで、お客様の健康づくりをサポート
  2. 人気のプログラム「ラン・ウォークサポート」をリニューアルし、「走る」までをコーディネートできるプログラムへと
    進化
  3. 受託事業が順調に拡大

ゲーミング&システム事業

  1. ビデオスロットマシン「Podium」などが好評を博しているほか、パーティシペーションによる収入が堅調に推移
  2. 新カジノ・マネジメント・システム「SYNKROS」がオペレーターより高い評価を獲得

遊技機事業

  1. パチスロ機の新筐体「メビウスター」の第1弾機種として、前期に発売した「スカイガールズ~よろしく!ゼロ~」
    の追加受注による販売が堅調に推移

以上

※ ニュースリリースの内容は発表日現在の情報です。予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。