2012年4-12月期 連結業績のお知らせ(米国基準)

2013年2月7日

コナミ株式会社

コナミ株式会社の2012年4-12月期における連結業績は、売上高1,601億51百万円(前年同期比82.3%)、営業利益149億20百万円(前年同期比48.3%)となりました。

税引前四半期純利益は146億72百万円(前年同期比48.9%)、当社株主に帰属する四半期純利益は88億21百万円(前年同期比51.7%)となりました。

当第3四半期連結累計期間の業績につきましては、遊技機事業主力タイトルの発売延期等により、前期比減収減益となりました。

デジタルエンタテインメント事業におきましては、「ドラゴンコレクション」をはじめとするソーシャルコンテンツを様々なデバイス、プラットフォームに向けて配信し、当社グループがサービスを提供する全タイトルの延べ累計登録者数が3,400万人を突破しました。
ゲームソフトでは、「ウイニングイレブン」シリーズの最新作「ワールドサッカー ウイニングイレブン2013」(欧米名「Pro Evolution Soccer 2013」)を10月に日本向けに発売し、順調に推移しました。
アミューズメント機器では、自分だけのオリジナルカードを入手できる今までにないゲーム性が小学生男児を中心に人気を集めた「モンスター烈伝 オレカバトル」が好調に推移しました。

健康サービス事業におきましては、新しいカウンセリングサービスとして『MY Fit Planner (マイフィットプランナー)』を11月より全国のコナミスポーツに導入し、お客様の目的に沿った健康づくりをサポートする活動を推進しています。

ゲーミング&システム事業におきましては、ビデオスロットマシン「Podium」やメカニカルスロットマシン「Advantage」シリーズ等の販売が北米市場を中心に堅調に推移しました。

遊技機事業におきましては、パチスロ機の新商品として「ランブルローズ3D」を発売しました。


1. 経営成績(連結)の進捗状況

単位:百万円
 
2012年4-12月期
2011年4-12月期
売上高
160,151
194,522
営業利益
14,920
30,921
税引前四半期純利益
14,672
30,018
当社株主に帰属する
四半期純利益
8,821
17,046

2. 事業別売上高及び営業収入

単位:百万円
 
デジタルエンタテインメント事業
健康サービス事業
ゲーミング&システム事業
遊技機事業
消去
連結合計
2011年4-12月期
99,464
62,052
18,103
15,559
△656
194,522
2012年4-12月期
80,568
60,022
16,599
3,454
△492
160,151
前年同期比 (%)
81.0
96.7
91.7
22.2
-
82.3

3. 事業別の営業利益

単位:百万円
 
デジタルエンタテインメント事業
健康サービス事業
ゲーミング&システム事業
遊技機事業
全社・消去
連結合計
2011年4-12月期
24,289
2,050
5,065
3,818
△4,301
30,921
2012年4-12月期
15,584
2,066
3,597
△853
△5,474
14,920
前年同期比 (%)
64.2
100.8
71.0
-
-
48.3

4. 2012年4-12月期の概況

デジタルエンタテインメント事業

  1. 「ドラゴンコレクション」がiOS搭載端末向けネイティブアプリの配信を開始
  2. 新規タイトルとして「メタルギア」シリーズ初のソーシャルコンテンツ「メタルギア ソリッド ソーシャル・オプス」の配信を開始
  3. 「ウイニングイレブン」シリーズの最新作「ワールドサッカー ウイニングイレブン2013」(欧米向け「Pro Evolution Soccer 2013」を発売し、堅調に推移
  4. カードゲーム機「モンスター烈伝 オレカバトル」が小学生の男児を中心に人気を集め、好調に推移

健康サービス事業

  1. 60歳以上の方を主な対象とした新ブランド「OyZ(オイズ)」を立ち上げ、コナミスポーツクラブ4施設でサービス開始
  2. お客様毎に最適なトレーニング方法と継続的なフィットネスライフを提案する新しいカウンセリングシステム「MY Fit Planner」を全国のコナミスポーツクラブに導入

ゲーミング&システム事業

  1. 北米市場において、定番のビデオスロットマシン「Podium」やメカニカルスロットマシン「Advantage 5」シリーズが引き続き好評を博す
  2. パーティシペーション(オペレーターとのプロフィットシェア方式)による収入も堅調に推移

遊技機事業

  1. パチスロ機の新商品として、専用メガネ等を使わずに裸眼で楽しめる3D液晶を搭載した「ランブルローズ3D」を発売。

以上

※ ニュースリリースの内容は発表日現在の情報です。予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。