KONAMI
GAME MODE



GB用に書き下ろされたシナリオは歴代シリーズに引けを取らぬボリューム。
また、難易度が4段階から選択できるので初心者でも安心。
▲敵兵はスネークを発見すると仲間を呼んで攻撃してくる。敵兵の動きをよく見て、見つからないように進もう。 ▲入手できるアイテムや武器の種類も豊富。使いどころを見極めよう。



一度クリアしたステージを再度プレイすることができる「ステージセレクト」には、「ストーリーモード」クリア後、各ステージをそれまでとは違った目的(ミッション)で遊ぶことのできる「スペシャル」が追加される。
▲降り注ぐ砲撃を1分間避けつづけることができるか!?
「常に危険モードのままクリアを目指せ」
通常のプレイではできるだけ回避すべき敵兵との戦闘も、この状況では話が変わる。
「一度も敵に見つかってはいけない」
難易度の高いミッションも多く、やりがいがあるぞ。



仮想空間で行われる潜入任務の訓練。ゲームの基本を覚えるための簡単なステージから、パズルのように頭を使わないとクリアできないステージまで、全180ステージ。
シナリオモードで登場する武器を使った訓練も用意されている。
▲弾数&時間制限のある「タイムアタック」では効率よくターゲットを破壊しないと弾切れを起こす場合もある。



通信対戦の基本ルールは至って簡単。マップ上を巡回する敵(WISP)を倒し、データディスクを回収。ディスクを3枚独占するとゴールが出現するので、ディスクを持ったまま、そこに辿り着けば勝利となる。

ただし、そこはメタルギア。普通のゲームとは一味違ったゲーム性が盛り込まれている。そのゲーム性とは「対戦相手を自分の視界に捉えなければ、対戦相手の姿を見ることができない」というもの。
ゲーム中では実際に視界が表示されることはないので、対戦相手の位置を現在の状況から推測する「読み」が必要となるのだ。

また、対戦相手を発見した後にも、いかに相手に見つからないように接近し攻撃するかという戦術的な行動が重要になってくる。
▲通信対戦マップで使用する武器を選択。この時点から対戦相手との駆け引きは始まっている。 ▲通信対戦マップには、電撃床や落とし穴など様々なトラップが設置されている。





METAL GEAR Ghost Babel


"ゲームボーイ"は任天堂の登録商標です。
(C)1987 2000 KONAMI COMPUTER ENTERTAINMENT JAPAN ALL RIGHTS RESERVED.