コナミデジタルエンタテインメントがバルサ財団に協賛
子どもたちへのサッカー教育の取り組みをサポート

image

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、プレミアムパートナーであるスペインの名門サッカーチームFCバルセロナが設立した「バルサ財団」への協賛が決定したことをお知らせします。

「バルサ財団」は、FC バルセロナが1994年に設立した団体で、同団体のプロジェクトの一つである「FutbolNet(フットボールネット)」において、スポーツを通じた子どもたちへの教育支援等を目的に、南米・中東・アフリカ・アジアなどグローバルで活動をしています。弊社はバルサ財団の「スポーツと教育で子どもたちを支援し、平等で共生可能な社会を実現する」という理念に共感し、これまで継続して活動協力を行っています。

今年行われる取り組みは、障がい者スポーツ教育セミナーの実施を通じて、サッカー指導者を育成するというもので、セミナー参加者は、受講後バルセロナ大学の認定証が授与されます。また、受講者とその指導を受ける子どもたちは、今年の夏日本で開催されるFCバルセロナの各種イベントに招待される予定です。

コナミデジタルエンタテインメントは、今後もサッカーゲームの制作・提供を通じて、次世代を担う子どもたちへサッカーの楽しさをお届けしていきます。

セミナー名 バルサ財団「FutbolNetメッソド」による障がい者サッカー指導者講習会
主催 バルサ財団
協賛 株式会社コナミデジタルエンタテインメント
協力 帝京科学大学
主管 一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(JIFF)(公益財団法人日本サッカー協会関連団体)

以上

language :日本語/English