• KONAMI
    SITES

「第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン」に出場する
『ウイニングイレブン 2018』 日本代表の2選手が決定!

image

  • image
    『ウイニングイレブン 2018』日本代表選考会の様子

  • image
    『ウイニングイレブン 2018』日本代表2選手
    SOFIA選手(写真左)、レバ選手(写真右)

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、今年8月18日(土)からインドネシアで開幕する「第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン」でデモンストレーション競技として行われる家庭用ゲーム『ウイニングイレブン 2018』(海外名『PRO EVOLUTION SOCCER 2018』)の日本代表2選手が決定※1したことをお知らせします。

5月27日(日)にLFS(ルフス)池袋 esports Arenaで開催された「第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン ウイニングイレブン 2018 eスポーツ 日本代表選考会」では、予選を勝ち抜いた4選手による1対1の対戦形式で試合を行い、SOFIA選手とレバ選手が日本代表に決定しました。

日本代表の2名は、以下のコメントを寄せています。

SOFIA選手「僕は『ウイニングイレブン 2018』の世界王者でもありますので、アジアの王座を絶対獲りたいです。日本がeスポーツ大国と言われるよう、日本代表として精一杯頑張ります。」

レバ選手「僕はまだ17歳ですが、何歳でも勝てるという事を、この大会を通じて見せられました。地域予選も本大会も、良い結果を残して、笑顔で帰って来たいと思います。」

今後日本代表選手は、6月より開催される東アジア地域予選を経て「第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン」出場の権利を勝ち取ると、日本オリンピック委員会(JOC)を通じて大会組織委員会にエントリーされることとなります。詳細については、公式サイトをご確認ください。(URL:https://pesleague.konami.net/asiangames2018/ja/

コナミデジタルエンタテインメントは、今後もeスポーツへの取り組みを通じて、お客さまに楽しさと感動をお届けしていきます。

弊社のeスポーツへの取り組みについて

ゲームをスポーツ競技として捉える「eスポーツ」は、米国やアジアなどを中心に盛り上がりを見せており、大会の観客や視聴者はリアルなメジャースポーツに匹敵する規模へと成長を続けています。弊社では2001年から「ウイニングイレブン」シリーズ、2003年から「遊戯王オフィシャルカードゲーム」の世界選手権を、国内では2016年から「実況パワフルプロ野球」シリーズ」による日本選手権を開催しています。こうした取り組みを通じて、ファンの拡大・活性化に繋げていきます。

「ウイニングイレブン」シリーズについて

「ウイニングイレブン」シリーズは1995年に家庭用ゲームとして誕生して以来、20年以上にわたり楽しまれてきた、弊社を代表するサッカーゲームです。世界累計販売本数が1億本を超え、その高い表現力や操作性が世界で評価されています。また、2001年から欧州の地域大会としてeスポーツに取り組み始め、現在は「PESリーグ」として毎年eスポーツ世界選手権を開催しています。その他、第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」文化プログラム「都道府県対抗eスポーツ大会」や、「第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン」デモンストレーション競技タイトルに採用されるなど、eスポーツタイトルとしても国内外で注目を集めています。

  • ※1公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)の判断によって最終決定となります。

PlayStationおよび「PS4」は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。

以上

language :日本語/English