アクションゲーム「魂斗羅」(コントラ)シリーズの映像化が決定!- 実写映画および連続ドラマとして全世界で上映・配信予定 -

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、アクションシューティングゲーム「魂斗羅」シリーズを、映画・ドラマシリーズとして実写映像化することをお知らせします。

「魂斗羅」(コントラ)は、1987年にアーケードゲームとして登場して以来、家庭用ゲームやモバイルゲームなど多くのプラットフォームで提供されてきた世界的人気シリーズです。シリーズ最新作のモバイルゲーム『魂斗罗:归来』は、中国国内で配信を行い、大変好評をいただいています。

弊社では、保有するIPをゲームだけに留まらず、さまざまな形で世界中の皆さまに提供できるよう取り組みを進めており、今回の映像化は、中国・北京に本社を置く、星光灿烂影业有限公司(スターライト社)を始めとするパートナーシップの元で制作を進めていきます。

なお、それぞれの映像作品に関する詳細については、改めてお知らせしていきます。

コナミデジタルエンタテインメントは、IPを多面的に活用することを通じて、世界中の人々に新しい楽しさや感動をお届けしていきます。

※パートナーについて
星光灿烂影业有限公司は、2005年設立の映像関連事業会社です。主要業務として、映像作品の企画・制作、映像作品への出資、アーティストマネジメント、配給・宣伝事業などを行っています。同社の他、株式会社WeFmedia(日本)、瀚文盛禾影業(中国)が、今回の映像化に協力しています。

以上

language :日本語/English