コナミデジタルエンタテインメントが子供たちへのサッカー教育を支援
プレミアムパートナーの「FCバルセロナ」基金に協力決定!

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、子供たちへのサッカー教育を支援するため、プレミアムパートナーである「FC バルセロナ」が設立したFCB基金へ協力することを決定しましたのでお知らせします。

FCB基金とは、「FC バルセロナ」が1994年に設立した団体です。同団体のプロジェクトの一つである「FutbolNet」というプロジェクトにおいて、子供たちへのサッカー教育支援を目的に、南米、中東、アフリカ、アジアなどグローバルに活動しております。

弊社は、このような素晴らしい取り組みに賛同し、10万USドルを寄付し、発展途上国の子供たちのサッカー教育をサポートして参ります。

なお、子供たちのサッカー教育の必要性ならびに本取り組みを世界中の方々に広く知っていただくべく、12月3日(現地時間)に開催される世界中のサッカーファンが注目のFC バルセロナ VS レアル・マドリード戦(通称:エル・クラシコ)において、スタジアム内にキャンペーンロゴの掲出やイベントを開催します。また、家庭用ゲーム『ウイニングイレブン2017』(海外名:PES 2017 -Pro Evolution Soccer-)のmyClubモード内にて、12月1日より「FC バルセロナ」の往年のレジェンド選手が登場するゲーム内イベントなどを実施します。詳細は随時『ウイニングイレブン2017』公式サイト(https://www.konami.com/wepes/2017/)をご確認ください。

弊社は、サッカーゲームの制作・提供を通じて、次世代のスポーツを担う子供たちへサッカーの楽しさをお届けしていきます。

FCB基金について


以上

language :日本語/English